>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

in走行履歴 08/15 走行履歴af:id:intertechtokyo:20171229032417g:plainaf:id:intertechtokyo:20171109155214g:plain 励ましなります。ポチっお願いします out

f:id:intertechtokyo:20180108132825p:plain

パンク修理

今回の台湾自転車旅では、一度、パンクを体験しました。

 

走り始めて2日目は、新竹市~台中市間を走ります。

f:id:intertechtokyo:20180330105756j:plain

 

晩飯を何するかと思いながら終盤・・・台中市市境にさしかかり、街の中心地は、環島1號線から離れてます。

 

本来、台中空港を回り込んでから市内へ向かうが正しいのだが、余裕をかましてたワタシ、ナビ嬢のアナウンスに誘われショートカットルートを選択した。そして環島1號線から外れた数分後・・・場所は、裏道の田んぼ沿い・・・走りに異常を感じる。良くある瞬間パンクではないんです。徐々に抜けるパンクなのだ。気持ち、あと一時間保ってくれ・・・保つ訳きゃないだろう!

 

場所はココなのです。

 

f:id:intertechtokyo:20180330095859j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330095903j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330095907j:plain

 

まだ陽も高く場所も確保できましたので、安心して手慣れた?修理が始まりました。

f:id:intertechtokyo:20180330100337j:plain

f:id:intertechtokyo:20180330100327j:plain


幸い田植え時期で金網お隣の田畑は、田んぼ化していたので『』はありました。

f:id:intertechtokyo:20180330100317j:plain

パンク箇所は、直ぐに発見できて・・・簡単な修理とおもいきや!

f:id:intertechtokyo:20180330100356j:plain

タイヤ裏面のクギ犯人が見つかりません。指先でコスルとプチッと当たる箇所がありますが、目視で発見できないほどの極小プチッなのです。

幸い・・・インシュロック切断にとニッパーを持参してましたので、そのニッパー刃先で探るも極小プチッに当たらない・・・探し中、切断しちゃまずい・・・やっと探し当ててゆっくり抜き取る事が出来ました。風吹けば飛ぶような針金?だったのです。

f:id:intertechtokyo:20180330100407j:plain

 

昨年のパンク修理時の動画ですが、修理動画のモデル成り立つほどの『クギ』抜き取りでしたが・・・(笑)

 

 

まぁ今回は、そのニッパーなるツールを持参してましたから、極小プチッなる金属を抜き取る事が出来ました。

 

普段、ツールボックスには大きいので収納されていません。

 

そこで探しました・・・極小サイズニッパーを!

ありました。多分、一番小型かなと! 
※ 他にもっとコンパクトありましたらご教授願います。

SUN UP ステンレス製 ミニニッパー 95mm

SUN UP ステンレス製 ミニニッパー 95mm

 

 

※ 切断、はさみ込み、曲げ・・・様々な工具がありますが、刃先が有るとインシュロック切断など利用範囲が多いかなと・・・ニッパにしました。それも最小95mm

f:id:intertechtokyo:20180330101736g:plain

 もちろん、95mmサイズニッパーはポチってます。今日、届きます。

 

 

やれやれと・・・直ぐに終わる予定のパンク修理が終わりませんでした。

 

新しいタイヤだったので、リムはめ込みが硬いんです。固いんです。重いんです。

 

修理したチューブを切断してしまいました。

 

持参してる予備チューブを即座に取り出して・・・交換しました。

 

ポンピングしたら・・・抜けてしまいます。

 

再度、チューブを眺めると・・・大きなアナが空いてました。
※ パンクしたチューブを予備で運んでました。馬鹿なんです。

 

三度、田んぼの神様を冒涜しました。

f:id:intertechtokyo:20180330110246j:plain

 

それで修理するも貼付パッチの数が残り1枚となってしまいました。

 

再度、固いタイヤ中にチューブを仕舞いますが、古るく伸~びきったチューブは、上手に収まってくれません。

 

古く延びきったチューブは使い捨てなのでしょうが、貧乏性のワタシなんです。

 

どうにか修理が終わる頃には、陽が暮れかけてます。

 

慌ててパッキングして走り出します。

 

空港を迂回すれば・・・ショートカットルートなんです。

 

走り出して、五分後・・・激坂が待ってました。

f:id:intertechtokyo:20180330110852p:plain

 

重いパニアバックは、ダンシングできないんです。

 

半分歩きました。

 

大汗です。

 

振り返って・・・景色眺める余裕もありません。

 

登りつめると右手に臺中空港境の金網が見えます。

 

そこで馬鹿野郎なワタシを再自覚します。

 

そんなパンク修理物語だったんです。

 

 

では再見

 

 

追記:
次回、走る時、臺中空港を迂回します。

f:id:intertechtokyo:20180330103654j:plain

 

追記:
その翌日、自転車を探して買いました。

新品チューブと貼付パッチを・・・!

※ 店のお母様、美味しい台湾茶を淹れていただきました。

f:id:intertechtokyo:20180330104526j:plain

f:id:intertechtokyo:20180330104517j:plain

 

 

 追記:
ニッパーが届きました。

サイズも良さげかと・・・!

f:id:intertechtokyo:20180330204512j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330204522j:plain



 

 

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain