>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

雨のライド

自転車はじめて1年過ぎてますが、通り雨的な降雨は何度かありますが、本格のライドは、数えるほどもありません。

 

一番は、二度目の韓国ツアーの2日目・・・午前中ずぅっと降られました。
午後からは快晴の中走りましたので、濡れた一式は、乾ききってしまいました。

 

 

その翌朝・・・モーテル出発・・・チェーンが錆びてました。

f:id:intertechtokyo:20171114043925j:plain
f:id:intertechtokyo:20171114043832j:plain

オイルの持ち合わせがなく、早朝の市内を走り回って、ガソリンスタンドで買ったグリスに助けられました。苦い思い出です。

まぁ二度目、三度目は、大した雨でもありませんでしたが・・・

 

昨夜のライドで、久々・・・やられました。


午後四時、出掛ける直近の天気予報でも19時頃から雨が出てました。

 f:id:intertechtokyo:20171114044316p:plain

確認して出発したのですが・・・いつもの笹目橋往復で三時間なんです。
算数も出来ないオッサンなんですね! 惨め!

f:id:intertechtokyo:20171114053455j:plain

首都高速小松川ジャンクション工事も半年休んでましたが、
何故か今月から再開して突貫工事してますね!

f:id:intertechtokyo:20171114053505j:plain

いやはや、我ながら美しく撮れてますね!

f:id:intertechtokyo:20171114053514j:plain

 

夜の荒サイ・・・夜空が分かりません。

f:id:intertechtokyo:20171114044507g:plain

 

堀切(右岸)辺りからぽつり・・・ポツリときました。
刻を観て・・・参ったですが、時既に遅し・・・です。

f:id:intertechtokyo:20171114053926j:plain


距離にして約12Kmなんですが・・・

荒川ロックゲート辺りから、本格的に降り出します。


ケイデンスを上げますが・・・上げるほど・・・水跳ねが・・・!

 

我がサドルは、雨に弱い・・・セレ・アナトミカなんです。


濡らしてはいけないと・・・深めに鎮座して漕ぐんです。

 

降り出して僅か半時間だったんですが・・・水も滴るオッサンなっちまいました。

 

ジャージ背中への泥跳ねは少なかったんですがSPDシューズが問題なんです。

 

途中から・・・踏み込む度・・・ 鳴るんです。

 

濡れる事は覚悟してますが・・・ソックスまで   なんです。

 

すごく気持ち悪いんです。

 

SpeedPlay一式からサヨナラしてますが、そのシューズは布生地で無いので中まで浸水は無いんですが・・・

 

・・・布生地のズックは浸透しちまうんです。

 

f:id:intertechtokyo:20171114050432j:plain

※ この時間・・・まだ濡れてます。

 

 SPDシューズは、SIMANO社「SH-M089」、又は、マビック社「RUSH MAXI」をポチるか・・・さ迷ってるんです。サイズは、42です。程々な履き古し・・・ありませんか?

 

 

まぁ落車も無く無事に帰還しましたが、まずは愛車をタオルで拭き拭きです。

 


そして風呂場へ直行・・・水素風呂に飛び込みました。 自社公開資料

※ 弊社は、リタハート社の正規代理店なんです。水素風呂?、信じ無い方が多いんですが、長年に渡ってご利用メンバーの方々からは絶賛のお声を頂戴してます。藤原紀香も結婚式引き出物にコレでしたね!

f:id:intertechtokyo:20171114050922j:plain

19時には降雨の予報と知りながら、レイン対策一式も持たずに走り出したワタシが悪いんです。笹目橋まで行かず・・・戸田橋で折り返していれば・・・後悔って先に立たないんです。

阿呆にも写真撮ったりして時が過ぎてました。馬鹿でした。

f:id:intertechtokyo:20171114051510j:plain

f:id:intertechtokyo:20171114051523j:plain

 

 

追記:
さぁこれから【セレ・アナトミカ】にコレ塗って磨いておきます。

 

追記:

このお方も【セレ・アナトミカ】絶賛してますね! 

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain

 

 

再見