>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

振れ取り顛末

初めての《揺れ取り》調整なる作業を諦めたわけでないが、振れは素人計測でも事実、素人作業する前に調整で何処まで正しくなるのか? 専門家に診てもらう気持ちでサイクルベースあさひ東砂店へ持ち込んでみた。

 

工賃見積は、なんと600円也•••

   

f:id:intertechtokyo:20170910060626j:image

f:id:intertechtokyo:20170910060642j:image

 

数時間後、ジムでバイクしてる時、携帯着信•••ニップル緩めたいが硬くて駄目!
また問題も有る。
ジムから閉店間際、直行した。

 

確かにヒビ(クラック)が入ってる。店の人が割ったのでなくこの夏、どこかで衝撃あったのだろう!

 

店員いわくスポーク全体的に張り過ぎを感じる。言われても理解難しいが•••スポークテンションゲージを何処かで見掛けたがポチする価値は有るのかね?

 

f:id:intertechtokyo:20170910060647j:image

 

この場所、ボンドレガーシール貼ってあって見つかりにくい。気づかなかった。

 

振れ取りは、諦めました。

 

新しいホイールが届くまで走りたいので組み立てました。

 

そこで問題発生、ディレーラーのプーリーがLaw 位置でスポークの触れる。???

 

f:id:intertechtokyo:20170910062159j:image 

 

ここ数日間の作業で何処かにぶつけた記憶も無いが•••何故? プーリー自体を少し曲げ距離を作って一件落着したが、何故? 腑に落ちない。

 

プーリー(上)の曲がりも気になる。

気にし出すと様々な箇所が目に止まる。

 

一応、ライド可能な状態に復活しました。

 

f:id:intertechtokyo:20170910061929j:image

 

追記:

スポークテンション

 

 

 

再見