>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

《バイオレーサー》

Y'sロード会社の《バイオレーサー》を受けてきました。

 

f:id:intertechtokyo:20170714000929j:plain

 

場所は、開店時間12:00の【お茶の水店】

 

予約時間は12:00

 

さほど広くない店内・・・さぁ~て何処で作業するのかな?

 

地下に関係者以外立ち入り禁止の秘密の場所がありました。

 

まずは、簡単な問診から始まる。

 

次に、持ち込んだバイクの計測【現状】・・・レーザー光を当て正確な計測

 

お次は、小生のカラダ体形の測定・・・お股に測定バーがグニュ~と迫りました。

 

測定結果をコンピューターに入力・・・想像以上に時間かかってました。

 

その間、ご担当者のご趣味「トライアスロン」談義に話しが盛り上がりました。

 

計測結果が印刷されます。

 

同時に「フィッティング・マシン」に小生推奨寸法がインプットされると・・・グィ~ンとモーターが回転して、ハンドル、サドル・・・自動で動きます。

 

さぁ! 跨がってみて下さい。

 

f:id:intertechtokyo:20170713234040j:plain

 

20170713234419

 

 

「サドル」の後退位置や「ステム長」の短さは感じてましたが、「サドル」高さを指摘されたには、驚きの結果でした。

 

「フィッティング・マシン」に跨がった瞬間、今まで経験の無いポジションニングで出会いました。

 

サドル位置が高く、なお且つ位置が前過ぎ、ハンドル高さが高く、位置が後過ぎる。

 

すなわち、対策は、サドル位置を下げ、後ろにずらす。ハンドル高さを下げる。ステムを長くする。

 

ライディング姿勢的には、かなり前傾姿勢になりましたが、サドル位置が低いので安定感が得られます。立ちゴキもし易そう・・・!

 

自転車始めて10ヶ月過ぎ総て自前で調整してしてきましたが、この《バイオレーサー》なるポジショニングアドバイス・・・費用は若干かかりますが、受けてみて正解だったか? 明日からの韓国第2回ツアー600Kmのライドで答えは出るでしょう?

 

 

追記:サドル位置が後退しました。

思わぬ結末が・・・愛用している《オルトリーブ(ORTLIEB)》の取付ポジションがベストな状態に届きません。

 

4㎝は、後ろに移動しました。

f:id:intertechtokyo:20170714000626j:plain

 

バック脱着プレート位置が合いません。ので3㎝ずらして穴を開け直しました。

f:id:intertechtokyo:20170714000612j:plain

 

f:id:intertechtokyo:20170714000637j:plain

 

うまく収まりました。

 

 

再見