>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

白内障手術レポ その壱

昨年夏から 🚴🚴🚴 初めて、心した《白内障手術》

 

f:id:intertechtokyo:20170110121316j:image

 

まぁレンズ交換ですな!

 

私がお聞きした施術ご経験者の殆どは日帰り手術ですが、ここ順天堂高齢者医療センターは、二泊三日のご入院。昨日、指示された朝10時、我が家目の前病院へ徒歩移動。即時病室ベッド•••昼メシと晩メシ、目薬差しが数回•••入院の必要有るのかいな?

 

f:id:intertechtokyo:20170110115536j:image

 

夜中から飲食禁止の通達、昼間、タップリ寝たから夜中、寝れるわきゃない、スマホ片手でウトウトしながら•••起床のお時間迎えました。

 

f:id:intertechtokyo:20170110121406j:image

f:id:intertechtokyo:20170110121420j:image

 

朝メシ抜き、代わりの点滴セット、感染症防ぐ目薬差しを数回•••ベッドで小一時間待ち。

 

f:id:intertechtokyo:20170110115502j:image

 

お時間が参りました。なっ何と《車椅子》でのお迎え!

 

同じフロアの手術室へ移動、歯科医イスの様な手術台に横たわるまで『どちら側の目を手術ですか? 左目ですよ!』左目に確認シール貼られます。数種類の麻酔目薬差し、心電センサー、血圧セット、暖かい《ふかふかバスタオル》•••何するにも、声出して指差唱呼! そんな時代なんだね!

 

手術台が倒れて手術開始•••!

 

まずは、患部の消毒ちゃって、所詮がオメメ、ガーゼで拭いて消毒液を流す。手術カバー被せ、マブタを拡げるテープを数枚貼って•••スポットライトを照射して始まりました。

 

目線は、ぼんやりライトを見ててください。言われるも眩しいわね! それもじきに 感覚なくなります。目の上で、メス? らしきがチャカチャカ動きます。施術は、ものの七八分でしたかね! 途中、何度か緊張解いてください。と励まされました(笑)

 

痛みは、殆ど無かったですが、二度三度•••重くなりましよ〜! と言われるも、どう言う事?意味分からす、確かにググィット感じる瞬間、チクチク痛みも若干、有ったかな!

 

来月の右目は、勝手知ったるで楽勝施術かと•••!

 

終わって眼帯被せて、全完了です。

 

f:id:intertechtokyo:20170110115443j:image

 

再び車椅子リムジンで、ベッドに戻ります。

 

夕方まで眼帯•••取れば《バラ色畑》が広かってる予定です。

 

f:id:intertechtokyo:20170110121525j:image

 

では、続く(バラ色畑編)にご期待ください。

 

再見