>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

in走行履歴 08/06 走行履歴af:id:intertechtokyo:20171229032417g:plainaf:id:intertechtokyo:20171109155214g:plain 励ましなります。ポチっお願いします out

f:id:intertechtokyo:20180108132825p:plain

DHバー + Di2

苦労して・・・取り付けたDHバーなる楽ちんハンドル(肘乗せ台)

 

加工した中間リングの接着が固まり・・・試走してきた。

 

f:id:intertechtokyo:20180710043952j:plain

 

中々の満足なのだ!

 

これが・・・

 

次に欲しいは、Di2のスイッチ・・・三種類あるのだが、フルシンクロさせてるから、リア側対応だけで宜しいのだが・・・これが結構なお値段

 

f:id:intertechtokyo:20180710043939j:plain
f:id:intertechtokyo:20180710043936j:plain
f:id:intertechtokyo:20180710043933j:plain

 

何処かに、使われてないモノ・・・ありませんか?

 

まぁ趣味世界も金がかかる・・・

 

 

 

再見

 

日曜メンテナンス

連日の大雨洪水ニュースにも飽きて・・・自転車メンテナンスしてます。

 

【チェーンクリーニング】

 

集合住宅の我が家は、部屋中で作業、まずは開いた段ボールフロアに敷いて・・・手のひらにスーパー袋を広げ・・・キッチンペーパー数枚を乗せて・・・スプレー洗浄液でチェーンを洗います。

 

経験では、チェーンをほぼ三回転も廻せば、完璧・・・

 

※ 早く廻すと・・・洗浄液が飛び跳ねます。

 

更にキッチンペーパーで拭き取って・・・

 

チェーンオイルを給油・・・

 

※ 早く廻すと・・・洗浄液が飛び跳ねます。

 

更にキッチンペーパーで拭き取って・・・終わります。

 

リアとフロントのディレイラーの表面や中の細部は綿棒に洗浄液吹きかけて清掃です。

 

今回、韓国千㎞以上走ってるのに、以外と汚れが出ませんでした。

f:id:intertechtokyo:20180708130907j:plain

 

おおよそ数千㎞毎に洗浄してます。

f:id:intertechtokyo:20180708130916j:plain

 

 

そして・・・コレ・・・なんと呼びますか? チェーンガイド?

 

昨日のライドの最終・・・清砂大橋の土手を駆け上がった時・・・チェーンが外れて・・・このガイドを越え・・・完全にアウト!

 

ガイドを外して・・・チェーンかけ直し・・・指先、真っ黒でした。

 

改めて、ガイド部品を眺めると、取付の際、チェーンとのギャップ調整が甘かったようです。

 

ギリギリまでギャップを寄せました。

 

f:id:intertechtokyo:20180708130857j:plain

 

 

そして・・・このDHバーの一件

 

f:id:intertechtokyo:20180708133800j:plain

 

肘乗せるには、ジャストな位置なのだが・・・緩んでしまうのだ!

 

そこで・・・3Dプリンターで制作した中間リングを二液混合接着剤で固定・・・!

 

f:id:intertechtokyo:20180708133912j:plain
f:id:intertechtokyo:20180708133924j:plain

 

 

接着乾いたら・・・DHバー取り付けて・・・再び、試走しましょうか!

 

 

ではでは・・・再見



追記:

昨日の荒川・・・異変が・・・


① 小バエの群集(ユスリカの柱は何度も経験ありますが、数㎜の小バエらしきの群集は初めてでした。

f:id:intertechtokyo:20180708134956j:plain

② 沢ガニの群集(荒川河口には、時々、沢ガニが見られますが、堀切辺りから加工まで、自転車走行がクニャクニャする程の沢ガニの出現、大きくは、五㎝級、小さくは、一㎝級、半端ない数でした。

f:id:intertechtokyo:20180708134944j:plain

 

そして、帰宅後、ジムサウナしてると・・・地震発生

 

f:id:intertechtokyo:20180708135142p:plain

 

 

ボーダレスカーボンハンドル・・・その後

御徒町の東京サンエスなる会社のデモ室を訪ねて衝動買いした・・・一風変わった形のハンドルだが・・・韓国往復横断ツアーキロを走破して、手のひら痛みも無く・・・気に入っているのです。

 

f:id:intertechtokyo:20180704165706j:plain

 

ツアー中もハンドル位置の調整(高さ、回転)とサドル前後調整をしながら走ってました。

 

帰国して、ホームコース荒川走る時、ハンドルに肘を乗せて走る・・・すごく楽なポジションになってる。このコースには邪魔が無いので、以前買ったDHバーの存在を思い出し・・・取付を試みたが・・・取り付かないのだ!

 

f:id:intertechtokyo:20180704170233j:plain

 

 ボーダレスカーボンハンドルには、直線部分が無いので、DHバー取付が出来ない!

 

しかし、何とかせにゃ・・・杵柄の3DCADで描いて見ました。

 

f:id:intertechtokyo:20180704170530j:plain

ハンドル径は、25Φ・・・DHバー取付内径は、32Φ・・・スペーサー内部に斜めの角度(約20°)でくり抜けば・・・どうにか取り付けられるかも・・・!

 

 

youtu.be

 

今日、ネットで拾った《3Dプリンター請け負う・・・》会社、数社に見積を依頼しました。

 

 

さぁどんな結末なるか?

 

ご期待下さい。

 

昨年、四月に買ってました。

この時は、ポジション(姿勢)が定まらず使われず仕舞いでした。

blog.intertech.ne.jp

 

 

再見

 

 

追記:

最初のネット見積会社は、単価1万円×2個=2万円・・・これでは無理です。

 

GARMIN 標高《最終章》

ご覧下さい。

 

荒川河口の標高表示2mです。

f:id:intertechtokyo:20180704055051j:plain

f:id:intertechtokyo:20180704055136j:plain

 

 

昨夜のライドグラフです。

 

GARMIN CONNECT グラフをiPhoneで開くと・・・標高が誇張されて表示しますが、河口河川敷標高は、3~5m、笹目橋辺りの河川敷は10m近くと表示されます。また、水門と橋の通過はそれぞれ正しく表示されてます。

f:id:intertechtokyo:20180704051925p:plain

 

荒川河川敷は、ほぼ標高3~5m、笹目橋河川敷は、12m・・・土手は、12~25m・・・完璧理想のグラフです。

 

f:id:intertechtokyo:20180704053321j:plain

 

 

気圧高度計センサーを知らずにラベルで塞いで一年・・・やっとGARMIN本来の性能が戻りました。

 

f:id:intertechtokyo:20180704054250j:plain

 

 

しかし・・・標高が正しく表示されるも、走りには何ら変わりは無いのですが・・・まぁ宜しいかと!

 

 

再見

 

追記:
我が家の裏手に大型重機の会社(日通商事・東京工場)があります。

こんなどでかいトレーラーが・・・

f:id:intertechtokyo:20180704055229j:plain

 

追記:
今宵も、水素風呂で帯状疱疹の早期解決・・・してます。

 

f:id:intertechtokyo:20180704055220j:plain

 

 

 

再見