>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

in走行履歴 07/16 走行履歴af:id:intertechtokyo:20171229032417g:plainaf:id:intertechtokyo:20171109155214g:plain 励ましなります。ポチっお願いします out

f:id:intertechtokyo:20180108132825p:plain

懲りないイヤホン

台湾自転車旅の移動機内、備え付けヘッドフォンを使わずセカンドバックに収納していたマイイヤホンを使っていたが、着席中、モバイルバッテリーが手元から滑り落ち、座席の下に転がり落ちてしまった。安全ベルト外して、座席下を探してる時、マイイヤホンのピンジャックが、折れてしまったのだ。

 

購入して1年経たぬが耳への装着感が気に入って、Bluetoothでは無いのだが、愛用していたイッピンだった。

 

f:id:intertechtokyo:20180331035053j:plain

  

Amazon購入品で1年保証期間中、申告すると代替品と交換します。との快い返事、しかし、翌日に、在庫が無く対応出来ない。購入金額の70%返金で了承願いたい。旅行保険加入していたので保険金申請手続きしている。

 

しかし・・・本品は安かったんです。

 

f:id:intertechtokyo:20180331040131j:plain

 

 

Bluetooth仕様は、このイッピンを数年間、使ってるが装着感も宜しいのだが、全体サイズが大きく、少々の違和感があるです。

 

 

まぁ手続き時間を考えると・・・

もう少しコンパクトなBluetooth仕様が欲しい・・・

新しく買い直し・・・!

 

早速届きました。

 

これがパッケージや説明書の品質が宜しい(昨今、チャイナ製品のクォリティがいいね)

f:id:intertechtokyo:20180331040227j:plain
f:id:intertechtokyo:20180331040236j:plain
f:id:intertechtokyo:20180331040245j:plain

f:id:intertechtokyo:20180331040235j:plain

 

※ 紛失時、見つけ易いかと・・・赤色です。

 

耳への装着感なのだが、左耳は、ジャスト、ずり落ちる事も無いのだが、右耳は、イヤピースが小さいのか? 我が耳穴が大きいのか? バッテリ構造が右側に位置していて、操作するとずり落ちるのです。止むえず、イヤピースの内側に輪ゴムをはさんで・・・落ちないように工夫したが、使い勝手はどうなのか? 時期に、ずり落ちて・・・紛失結末が見えるような・・・!

 

まぁしばらく使ってみましょう!

 

では再見

 

 

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain

 

 

 

パンク修理

今回の台湾自転車旅では、一度、パンクを体験しました。

 

走り始めて2日目は、新竹市~台中市間を走ります。

f:id:intertechtokyo:20180330105756j:plain

 

晩飯を何するかと思いながら終盤・・・台中市市境にさしかかり、街の中心地は、環島1號線から離れてます。

 

本来、台中空港を回り込んでから市内へ向かうが正しいのだが、余裕をかましてたワタシ、ナビ嬢のアナウンスに誘われショートカットルートを選択した。そして環島1號線から外れた数分後・・・場所は、裏道の田んぼ沿い・・・走りに異常を感じる。良くある瞬間パンクではないんです。徐々に抜けるパンクなのだ。気持ち、あと一時間保ってくれ・・・保つ訳きゃないだろう!

 

場所はココなのです。

 

f:id:intertechtokyo:20180330095859j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330095903j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330095907j:plain

 

まだ陽も高く場所も確保できましたので、安心して手慣れた?修理が始まりました。

f:id:intertechtokyo:20180330100337j:plain

f:id:intertechtokyo:20180330100327j:plain


幸い田植え時期で金網お隣の田畑は、田んぼ化していたので『』はありました。

f:id:intertechtokyo:20180330100317j:plain

パンク箇所は、直ぐに発見できて・・・簡単な修理とおもいきや!

f:id:intertechtokyo:20180330100356j:plain

タイヤ裏面のクギ犯人が見つかりません。指先でコスルとプチッと当たる箇所がありますが、目視で発見できないほどの極小プチッなのです。

幸い・・・インシュロック切断にとニッパーを持参してましたので、そのニッパー刃先で探るも極小プチッに当たらない・・・探し中、切断しちゃまずい・・・やっと探し当ててゆっくり抜き取る事が出来ました。風吹けば飛ぶような針金?だったのです。

f:id:intertechtokyo:20180330100407j:plain

 

昨年のパンク修理時の動画ですが、修理動画のモデル成り立つほどの『クギ』抜き取りでしたが・・・(笑)

 

 

まぁ今回は、そのニッパーなるツールを持参してましたから、極小プチッなる金属を抜き取る事が出来ました。

 

普段、ツールボックスには大きいので収納されていません。

 

そこで探しました・・・極小サイズニッパーを!

ありました。多分、一番小型かなと! 
※ 他にもっとコンパクトありましたらご教授願います。

SUN UP ステンレス製 ミニニッパー 95mm

SUN UP ステンレス製 ミニニッパー 95mm

 

 

※ 切断、はさみ込み、曲げ・・・様々な工具がありますが、刃先が有るとインシュロック切断など利用範囲が多いかなと・・・ニッパにしました。それも最小95mm

f:id:intertechtokyo:20180330101736g:plain

 もちろん、95mmサイズニッパーはポチってます。今日、届きます。

 

 

やれやれと・・・直ぐに終わる予定のパンク修理が終わりませんでした。

 

新しいタイヤだったので、リムはめ込みが硬いんです。固いんです。重いんです。

 

修理したチューブを切断してしまいました。

 

持参してる予備チューブを即座に取り出して・・・交換しました。

 

ポンピングしたら・・・抜けてしまいます。

 

再度、チューブを眺めると・・・大きなアナが空いてました。
※ パンクしたチューブを予備で運んでました。馬鹿なんです。

 

三度、田んぼの神様を冒涜しました。

f:id:intertechtokyo:20180330110246j:plain

 

それで修理するも貼付パッチの数が残り1枚となってしまいました。

 

再度、固いタイヤ中にチューブを仕舞いますが、古るく伸~びきったチューブは、上手に収まってくれません。

 

古く延びきったチューブは使い捨てなのでしょうが、貧乏性のワタシなんです。

 

どうにか修理が終わる頃には、陽が暮れかけてます。

 

慌ててパッキングして走り出します。

 

空港を迂回すれば・・・ショートカットルートなんです。

 

走り出して、五分後・・・激坂が待ってました。

f:id:intertechtokyo:20180330110852p:plain

 

重いパニアバックは、ダンシングできないんです。

 

半分歩きました。

 

大汗です。

 

振り返って・・・景色眺める余裕もありません。

 

登りつめると右手に臺中空港境の金網が見えます。

 

そこで馬鹿野郎なワタシを再自覚します。

 

そんなパンク修理物語だったんです。

 

 

では再見

 

 

追記:
次回、走る時、臺中空港を迂回します。

f:id:intertechtokyo:20180330103654j:plain

 

追記:
その翌日、自転車を探して買いました。

新品チューブと貼付パッチを・・・!

※ 店のお母様、美味しい台湾茶を淹れていただきました。

f:id:intertechtokyo:20180330104526j:plain

f:id:intertechtokyo:20180330104517j:plain

 

 

 追記:
ニッパーが届きました。

サイズも良さげかと・・・!

f:id:intertechtokyo:20180330204512j:plain
f:id:intertechtokyo:20180330204522j:plain



 

 

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain

タイヤ交換

今回の台湾自転車旅、まさか7400Kmも走り込んだタイヤで走る勇気は無く・・・事前に購入準備していた新タイヤ交換して完走してきた。

 

終わって・・・少しせこい話だが、7,496Kmも元気に走り込んでくれたタイヤ、まだまだ元気に走ってくれると信じて交換しました。

 

f:id:intertechtokyo:20180329144924j:plain

 

f:id:intertechtokyo:20180329145225j:plain

 

そんな事で再見

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain

アクシデント

台湾自転車旅の途中、一度、アクシデントありました。

 

今回は、リアキャリア取り付けて走りました。

 

 

f:id:intertechtokyo:20180329102843j:plain

 

 

リアキャリアの両サイドに吊す防水パニアバックが重すぎたのでしょうか?

 

新竹市の城市緑洲なるスポーツ用品チェーン店で買ったサイドバック『PakRak Waterproof Panniers IB-BA20』(日本での扱い無いかと・・・?)は、完全防水仕様なんです。T$1,680×2個=12,000円なりましたが、良かったかと思います。

 

f:id:intertechtokyo:20180329104141j:plain

台湾 城市緑洲

 

自転車旅も最終章二日間の道中、チェーン? ギア? クランク? 何か、シャカシャカ音が鳴り出します。

 

今回、フェンダー簡易カバーを取り付けてます。そのギャップが狭いので走行中に、ゴミを拾い上げて挟み込む事が多々ありました。

 

f:id:intertechtokyo:20180329105729j:plain
f:id:intertechtokyo:20180329105751j:plain

 

あまり気にせず、疲れたライドを続けてましたが、音が高くなります。

 

ヤバイかと漕ぎを止め眺めてみると、リアキャリアの左側リアエンド部への固定が外れてチェーンに乗りかかってました。

 

知らずに走り続けたら・・・恐ろしい結末だったかと思います。

 

 

f:id:intertechtokyo:20180329102428j:plain

 

f:id:intertechtokyo:20180329101910j:plain

 

原因は、VIVA クイックエンドアダプターねじ部が取れてしまってました。

 

f:id:intertechtokyo:20180329102122j:plain

 

曲がってしまったアダプターを叩いて延ばし、余分に持参している5mmナットで締め直して、取りあえずはOKと相成りました。

 

ミノウラリアキャリアは、TREKバイクのリアエンド部分の形状が違っていて正しくキャリア下部取付が出来ません。

 

次回、韓国~大連ツアーまでに、何とか対策を考えましょう!

 

まぁ二週間も走り続けりゃ、色々と起こりますわな!

 

 

では再見

 

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain

クランク脱着

台湾自転車旅で汚れた車体をクリーニング

 

各所を分解しました。

f:id:intertechtokyo:20180329101047j:plain

 

クランクシャフトもBBから抜き取ります。

 

毎度の話なんですが・・・

 

この『脱落防止爪』って、何故故に? 何を? 防止? するのでしょうか?

 

仕組み、構造が理解できません。

 

f:id:intertechtokyo:20180329101041j:plain

 

そして、取付は、TL-FC16(クランクボルト取り外し工具)を指先で軽く締めるとありますが、軽くも締め過ぎると回転が阻害されます。阻害寸前で止める・・・ここがポイントなんですね!

 

www.qbei.jp

 

終わって、愛車も美しくなりました。

 

f:id:intertechtokyo:20180329101500j:plain

 

 

では、再見

 

 

f:id:intertechtokyo:20171003103409j:plain
f:id:intertechtokyo:20171109152933j:plain